2010年03月10日

女子学生にセクハラ、米国籍教授を諭旨退職(読売新聞)

 安田女子大(広島市安佐南区)が、米国での見学旅行中に女子学生にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとして、文学部の米国籍の男性教授(52)を諭旨退職処分にしていたことがわかった。

 処分は2月15日付。

 同大によると、男性教授は昨年9月から6か月間の米国での留学研修プログラムに2年生約50人を引率。昨年12月、見学旅行で訪れたサンフランシスコのホテルで、女子学生にセクハラ行為をした。同大は1月に女子学生からメールで相談を受けて調査、セクハラと認定した。男性教授は「そのような行為はない」と話しているという。

 吉野昌昭学長は「学生や皆様に深くおわびします。再発防止に全力で取り組む」とコメントしている。

「強制連行」原告の控訴棄却 (産経新聞)
鳩山首相、普天間5月末解決に「覚悟持って臨む」(産経新聞)
徳島商サッカー部員、スポーツ用品店で万引き(読売新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
日弁連会長選・初の再投票、法曹人口争点に(読売新聞)
posted by トヤマ フジオ at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。