2010年03月01日

暁 (小説)

『暁』(旧字体?: 曉、あかつき)は、岡本綺堂が1917年(大正6年)に発表した小説であり、同作を原作とし、1918年(大正7年)製作・公開、田中栄三監督による日本のサイレント映画である。略歴・概要小説『暁』の初出は、1917年(大正6年)6月16日に開始した萬朝報での連載である。単行本は、国立国会図書館には所蔵されていない[1]。映画『暁』は、小説の連載開始から1年が経過していない1918年(大正7年)に、日活向島撮影所が映画化を企画、前年に入社し、小口忠の助監督を務めていた田中栄三の監督第1作となった。4巻もの、40分という当時の向島撮影所のスタンダードなフォーマットで製作され[2]、同年3月16日に浅草公園六区のオペラ館を皮切りに公開された。併映作品は、北山清太郎の1巻ものの短篇アニメーション映画『金太郎』であった[3]。映画『暁』の上映用プリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されておらず[4]、マツダ映画社も所蔵していない[5]。現状、観賞することの不可能な作品である。小説『暁』は、青空文庫に収められていない[6]。映画『暁』(あかつき)は、1918年(大正7年)製作・公開、日活向島撮影所製作、日活配給、田中栄三監督による日本のサイレント映画である。女性の役どころは、女形の五月操、同じく女形でのちの映画監督衣笠貞之助らが演じた。撮影技師・編集技師・現像技師を兼ねる「技手」[2]は不明である。スタッフ・作品データ監督?: 田中栄三脚本?: 岩崎春禾原作?: 岡本綺堂撮影・編集・現像?: 不明製作?: 日活向島撮影所上映時間(巻数)?: 40分[2] (4巻)フォーマット?: 白黒映画 - スタンダードサイズ(1.33:1) - サイレント映画公開日?: 日本 1918年3月16日配給?: 日活初回興行?: 浅草・オペラ館キャスト山本嘉一藤野秀夫大村正雄新井淳横山運平衣笠貞之助五月操東猛夫註^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年12月17日閲覧。^ a b c d e 『日本映画史発掘』、田中純一郎、冬樹社、1980年、p.128-132.^ 金太郎、日本映画データベース、2009年12月17日閲覧。^ 所蔵映画フィルム検索システム、東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年12月17日閲覧。^ 主な所蔵リスト 劇映画=

衆院予算委員会開催がずれ込み 個所付け内示問題で野党が抵抗(産経新聞)
小沢幹事長 「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官(産経新聞)
ブログ市長、庁舎内撮影禁止を一方的通告(スポーツ報知)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)
posted by トヤマ フジオ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。